3つの塗装の目的


なぜ建物の屋根や外壁を塗り替える必要があるのでしょうか?

必要性が分らなければ、リフォームする目的やメンテナンス時期すら理解できませんよね?

必要性が理解できない事にお金を出す理由もないと思います。

 

 ここでは、塗装の目的を大きく3つに分けて、簡単に紹介してみます。

 

 

 

1.美観の維持

 

 家の外観が汚れてきた、屋根の色があせてきた、新築時の輝きが無くなってきたなど、大事な我が家の見た目が悪ければ気持ちのいいものではありませんよね?

 

 大事な家族との思い入れのあるお家、ようやく手に入れたマイホーム、お友達・親戚がよく集まるお家ならば、なおさらです。

 

 こんなとき、あの頃お家の輝きを取り戻せるのが「塗装、塗り替え」です。

 

2.建物自体の保護

 

 これが塗り替え工事、一番の目的となるかもしれません。

建物は24時間365日、紫外線・雨・雪・風などの外的要因にさらされています。

そして建物の屋根・壁などほぼ全てが、素材の上に「塗装」が施されているものですよね?

 

 すなわち、建物の素材に施されている塗料の膜により、建物はさまざまな外的要因から保護・防水されているといえます。

塗料膜の劣化が建物の寿命に大きく起因していることは、このことからもご理解頂けるかと思います。

 

 

3.機能性の付与

 

あまりご存知の方はいらっしゃらないと思いますが、近年の塗料メーカーの研究により様々な機能性を持った塗料が次々と開発されています。

 

・防かび、防藻の効果がある塗料

・汚れがつきにくく、自浄作用(汚れを雨で落とす機能)がある塗料

・透湿性(室内の湿気を水蒸気にして外に逃がす)がある塗料

・壁部にヒビ割れを生じにくくする弾性機能の塗料

・省エネ遮熱塗料   などなど

 

ただ見た目が綺麗になるだけでなく、色々な機能性を加える事で、さらに快適な住居環境が「塗装」によって実現する事もできます。

 

 

 あなたも体の健康を気遣かえば、運動をしたり、休養をとったり、食事制限をしたりするはずですよね?

建物も同じで、外壁や屋根の劣化を食い止めて「永く健康な状態で保たせる」、この為にするのが「塗装工事」なのです。

 

1度、悪化させてしまってからでは費用も回復期間もよけいにかかってしまうのは人間の病とよく似ています。。

 

 

大切な我が家を、永く・綺麗に・健康に保つため

 これが、塗装の目的であり、必要性なのです。