リフォームのきっかけ

 

 新築後10年経過していない状況でしたが、屋根・壁ともに段々と色あせが始まっている状況でした。

先に、お客様のお父様宅を塗り替え工事させて頂いたのですが、お父様からのご紹介を頂きまして着工のご縁を頂きました。

 

 

お客様のご希望とご提案

 

 元々の外壁のデザインや色合いを気に入っているので、あまり外観の仕様を変えたくないとのご希望と、壁材もそれほど色あせが酷くなかった事もありまして、高意匠サイディング用クリヤーでの仕上げをご提案させて頂きました。

塗装前の状況

 

 総2階建ての造りですので、まず全面に足場を仮設します。屋根面と壁面は、色褪せて防水性が落ちている状況です。

 帯上のコーキング部分はコーキングが切れている所が多くありました。

 

 

作業内容のご紹介

 

 屋根はシリコン樹脂の3回塗り仕上げで、ブラックとなりました。帯上等のコーキングは撤去後に打ち替えとなります。

 

 外壁は釘頭などの着色補修をしてからクリヤー2回塗りで仕上げていきます。クリヤーは無色透明の塗料ですが、塗布することで彩度を増し、艶を出すことで新築時よりも鮮やかな外壁にすることが出来ます。

 

 

 

 デザインサイディングの塗り替えの場合、従来は単1色で塗る場合と2色で塗り分ける場合がありました。

1色塗りの場合はせっかくのデザインをつぶしてしまい、2色塗り分けの場合はデザインを再現する為に費用が掛かりがちでしたが、この塗料の登場により特別な費用を掛けずに、塗り替えが可能となりました。

 

 このUVプロテクトクリヤーにより紫外線による劣化を防ぎ、汚れを寄せ付けない塗膜で、お家の外観を長期的に美しく保てるようなりました。