外壁塗装工事が盛岡市で完了

お客様が外壁塗装工事を考えたきっかけ

 

新築から10数年の歳月が経ち、家が塗り替え時期か観て欲しいというご依頼をインターネットから頂きました。

 

盛岡市の塗装業者さんと相見積もりの案件でしたがお家の状況調査をさせて頂き、お見積りをさせて頂いたところ弊社にご依頼を頂ける事となりました。

 

塗り替えプランのご提案

 

屋根と外壁以外にもコーキングの打ち替えや破風・雨樋、軒天上塗装など建物の全てを修繕させていただく内容で予算別に2プランのご提案をさせて頂きました。

 

既存がタイル調でしたので玄関回りやバルコニー回りなど1色の塗りつぶしにならないよう2色塗りのタイル調塗装でご提案もさせて頂きました。

 

塗装工事前の建物の状況

 

日当たりが良い南面はコーキング切れや表面劣化から水分の撥水力も低く、塗り替えを行った方が良い状況となっておりました。

 

屋根面も表面劣化と雪止め金具からのサビが出ている状態でした。

雪止め金具はこの状態からサビ止め塗装をしても3年程度で再びサビが出てしまうので、雪止めは交換のほうが安心な事をお伝えさせて頂きました。

 

屋根塗装の進行状況

 

まずは高圧洗浄で汚れを除去した後で下塗りとしてエポキシ樹脂系サビ止め塗装を行いました。

 

その後、2液硬化型シリコンで中塗り・上塗りという工程で進めさせて頂きました。

上塗り前に雪止め金具を新品に交換して屋根塗装の完了です。

 

塗装前は表面劣化の為に雪や雨など水分の撥水が悪い状態でしたが、塗り替え後は撥水性が上がりトタンをサビから長期間保護可能な状態となりました。

 

外壁塗装の進行状況

 

まずは既存のコーキング撤去、コーキングの打ち替えを行います。

外壁塗装の際はコーキングも打ち替え時期になっていますので、しっかり打ち替えを行った方が安心です。

 

この際に古いコーキングを撤去しないで上からコーキングして隠してしまう塗装業者も非常に多いですが、コーキング厚が薄いので直ぐに裂けてしまうためそのような業者には注意が必要です。

誠和の場合はサイディング固定釘の増し締めやビス固定など一般的な塗装業者が行わない下地処理まで丁寧にやる事をルールとしております。

 

その後は高圧洗浄を行い下塗り・中塗り・上塗りと3回塗りで仕上げさせて頂きました。

 

性能とコスト面が優れた2液硬化型シリコン樹脂ですので耐久性や仕上がりも良い上、価格も標準的なので安心頂いている工法となります。

 

タイル調2色塗り分け塗装

 

玄関内と凸部の外壁は2色塗りで仕上げさせて頂きました。

 

浸透型シーラーという下塗り後に目地色になるグレーで中塗り、凸部分は赤みのある茶色で上塗りを行いました。

アクセント部にだけタイル調塗装を施した事により建物にコントラストが生まれ洗練された雰囲気のお家になりました。

 

不随部分の塗装

 

バルコニー床の防水トップコート、軒天上や破風・雨樋塗装の他に積雪の重みで軒樋が曲がってしまっていた部分の雨樋交換もさせて頂きました。

 

足場を仮設したタイミングで建物の全ての部分が長持ちするように修復しておけば建物が傷むことを防げて安心です。

 

ご家族様が永く安心して暮らせる綺麗なお家へ

盛岡市外壁塗装完成
盛岡市外壁塗装完成

 

この度は塗り替え工事のご依頼を頂きまして誠にありがとうございました。

このような良いご縁を頂けた事に感謝の気持ちで一杯でございます。

 

ご夫妻ともに非常に穏やかで気品があり、気さくなお客様でしたのでとても良くして頂きました。

 

工事のほうも永く安心してお過ごし頂けるよう最善を尽くしましたので今後の経過も一緒に身守らせて頂ければと思っております。

 

 それではまた定期点検等でお伺いさせて頂きますのでこれからもどうぞ宜しくお願い致します。

 この度は本当にお世話になりました。